Update:

Reiko from Peru #7 韓国料理

Today we planned a lunch meeting at my place. I wanted to cook some good Korean food.
After living in foreign countries with my husband, Korean food has become my food.

ドキュメンタリー2
(玲子さんと亡くなられたLeeさん。写真は、韓国で放送されたドキュメンタリーから Picture from South Korean TV program, Reiko-san and Mr.Lee)

It is not that I can cook it well, but I cannot cook anything else.

Japanese food? I can buy good fish and prepare sushi, but I hesitate to prepare it for other people, as raw fish can cause some problem sometimes.

I buy a small piece of flat fish and eat it as sashimi and sushi for myself, but when I have to prepare for other people, I rather prepare Korean food, that is cooked with fire.

I went to a supermarket in the morning and bought a lot of vegetables and ground beef. I made small meatballs seasoned like bulgogi and made four kinds of namuls with vegetables.

Luckily the women of the workshop liked those things.

Mr. Oscar Ramirez, our boss, couldn’t come for the lunch, so we went to his office to do a meeting after lunch, Oscar, Yolanda and myself. There were two more women from our group, but we had to send them to go to the store, Michel, to buy some yarns. As I wrote in the previous article, many shelves were empty in the store, they said. I’ll have to go to the store someday after making sure that they have the colours we need.

tumblr_inline_mrm1qszdS41qz4rgp

(大人のアルパカの毛。Regular, adult, alpaca yarn from Michel)

While we have been eating and meeting, a couple of women with Gilda, Marindela’s daughter, have been working at the workshop in Carabayllo, making bags and drawing pictures on the fabrics to do embroidery later on.

senora6s

(Marindela マリンデラ。彼女はよく笑います。)

On the way to the supermarket in the morning, I went to the bank and found the money from Pikkacompany had arrived. I live a little farther to the bank than before, and I go there less frequently than before. I shouldn’t be lazy; it is for our workshop that the Pikkacompany sends money. I’m already happy imagining how happy the women will be when they receive money.

Reiko

今日は私の家でランチミーティングをすることになっていました。

何かいい韓国料理を作りたいと思っていました。夫と海外で暮らす生活が続いたので、韓国料理が私の普段の食事になりました。

(亡くなったLeeさんは、韓国人でした。)

韓国料理が得意だというわけではなく、他に作れるものがないのです。。

日本食は、って?新鮮なお魚を買って、お刺身を用意することはできます。

(ペルーはシーフードが多く、生で食べる料理もあります。)

でも他の人に出すには、憚られます。生の魚はいつ問題が起きるかわからないので。

自分だけであれば、カレイかヒラメを少し買って、お刺身かお寿司にして食べます。

でも他の人もいる時は、火を通す韓国料理をこしらえます。

今朝スーパーに行き、たくさんの野菜と、ひき肉を買いました。

プルコギの様な味付けのミートボールと、4種類のナムルを作りました。

カラバイヨから来たムへレスウニダスの女性たちも、好きな味だったようで、良かったです。

私たちのボスにあたるオスカー・ラミレスは、お昼に来ることができなかったので、昼食の後にリーダーのヨランダと私だけで事務所に会いに行きました。お昼にいたもう2人は、毛糸を買い足しにMichel(お店の名前です)に行かせました。前にも言いましたが、今はシーズンオフで、毛糸はほとんどありません。欲しい色が入ったのを確かめてから、また行こうと思います。

私たちがお昼を食べている間にも、マリンデラの娘のヒルダと、何人かの女性たちは、カラバイヨの作業場で手提げバックを作ったり、刺繍の下絵を描いたりしていました。

今朝スーパーに行く前に、銀行に立ち寄ると、ピッカからの送金があったことに気が付きました。

前の家よりも今の場所は銀行から遠く、以前ほど行かなくなっていました。

怠けていてはいけませんね。それは働く女性たちの収入になるものです。彼女たちがお給料を受け取った時の喜びを思い浮かべると、私も嬉しくなります。

玲子


関連記事

Comment





Comment