Update:

Reiko from Peru #14 二人姉妹のヒルダとリリアナ

IMG_9018s

Two sisters, Gilda and Liliana

I’m now supporting a girl of 18 years old to go to an institute run by a hospital. They are educating young people to be from receptionists to doctors. She is studying to be a physiotherapist and the course lasts three years. Why have I decided to support her while there are more young people who need more education to get a good job?

私は今、病院が運営する専門学校に通う18歳のヒルダという女の子を支援しています。その専門学校では、病院の受付係や医師になることを志している若者を教育しています。ヒルダは理学療法士になるための、3年間勉強するコースで学んでいます。彼女以外にも、よりよい仕事を得るために教育が必要な若者がたくさんいるにも関わらず、なぜ私がこの子を支援すると決めたのかって?

She has a sister who is a few years younger. She didn’t continue high school and quit it before finishing it. Then she wasn’t doing anything and after some months she disappeared from home. I didn’t know about it until a few months after she left home. When I heard about it, I was in panic. Her sister wasn’t doing anything special, as she couldn’t get any job after finishing the high school. What I worried was that she could leave home also.

彼女には数歳年下の妹がいます。妹は、高校に通い続けることができず、中退してしまいました。その後数ヶ月間は特に何もしていなかったのですが、ある日家から姿を消してしまったのです。私は彼女が姿を消したことを、数ヶ月間も知りませんでした。それを聞いた時、パニックになってしまいました。彼女は高校を出た後仕事につけなかったので、特に何もしていませんでした。私が心配したのは、姉のヒルダまで家を出てしまうのではないかということでした。

But this older one is more intelligent and has special talent for drawing pictures. When she was only 14 years old I used to ask her to our workshop to draw pictures on the fabric with which we have been applying embroidery and making bags. I used to send her to a small school for graphic designing and sewing with a machine. So I wanted her to study something of arts.

しかし姉のヒルダは聡明で、絵を描くことに秀でた才能があります。彼女が14歳のとき、私は彼女に、私たちの編み物をする作業場で刺繍入りバッグのための下絵を描いてくれないかと頼みました。そして彼女をグラフィックデザインと縫製を学べる小さな学校へ通わせていました。彼女にはアートに関することを何かしら学んでほしかったのです。

tumblr_inline_my42e1bV921rmvv44

I talked with her mother first and later with her herself. I told her to go out and find a school where she could study something; I thought at the time it could be anything just to make her busy.

私はまず、彼女のお母さんと話をし、彼女自身とも話をしました。私は彼女に何かしら勉強できる学校を見つけてくるよう伝えました。というのも、その当時はそう伝えることで彼女を忙しくさせられると思っていました。

She went out with her older brother and found an institute which was educating those who could later work for the hospital. First she thought of becoming a receptionist, but then she changed her mind to become a physiotherapist. It’s better. She will finish the school at the end of next year. I hope she can get a job after that.

そして彼女は兄と学校を探しに行き、病院で働く人材を育成する専門学校を見つけたのです。最初、彼女は病院の受付係になろうと思っていましたが、後に理学療法士を志すようになったのです。より高度な選択をしました。彼女は来年、理学療法士のコースを終えます。卒業後によい仕事に就けることを願っています。

She still comes to our workshop when we need her help to draw pictures on the fabric and sew the bags and book covers with sewing machine. And now her younger sister has a baby

I have been dreaming of making some fund to send more children of the members of our workshop to school to let them study to get a job after that.

彼女は学校に通いつつも、私たちの作業場へ時々来て、刺繍の下絵を描いたり、バッグやブックカバーをミシンで縫う作業を手伝ってくれます。一方、彼女の妹には赤ちゃんができました。

私は、ひとりでも多くのメンバーの子供たちが学校に通い、学び、将来仕事を得られるよう、基金を設立することをずっと夢見ています。

A story of the younger sister, Liliana.

She came back to Carabayllo and she was pregnant, but she came with the father of her baby. She lived and still lives with him. She got a healthy, beautiful baby. Some time after the baby was born, she started to have a strange symptoms. She became totally lazy and she was not interested in her baby so much. She wanted to stay in bed all day. At that time she was with her mother, one of our workshop members. She was not happy and eating didn’t interest her either. (It’s already half a year ago, so I don’t remember the detail of the symptoms.) I didn’t know what to do to help her.

妹のリリアナは、妊娠してカラバイヨに帰って来ました。赤ちゃんの父親も一緒でした。彼女はそれまでも、今も彼と一緒に暮らしています。そして無事に、健康なかわいい赤ちゃんを出産しました。ところが、出産後まもなく彼女におかしな症状が出はじめたのです。完全に気力が抜けてしまい、赤ちゃんの世話にも興味がわかず、一日中ベッドにいたいというのです。症状が出てから、彼女は作業場のメンバーでもある自分の母親と一緒にいました。幸せそうには見えず、食べる事にすら興味がないようでした。(すでに半年も前のことなので、細かい症状は覚えていません。)私は彼女を助けるために何をすればよいのか検討もつきませんでした。

Just at that time a former volunteer for Socios En Salud, now a medical student in the US was visiting Lima and my place also with Oscar Ramirez, our boss. He thought that it could be Postpartum depression. Oscar found a good doctor in Lima. He talked with her and prescribed her a medicine. She started reacting soon, and now she is a happy mother.

ちょうどその時期に、NGO(Socios En Salud)で昔ボランティアをしていて、現在はアメリカで医学を学んでいる学生がリマを訪れていて、私たちのプロジェクトの上司であるオスカーと一緒にカラバイヨにも来てくれました。彼はリリアナの症状は、産後のうつではないかと考えました。オスカーがリマのよい医師を紹介してくれました。医師は症状を聞くと、薬を処方してくれました。その後、薬はすぐに効き、リリアナは今ではすっかり元気なお母さんです。


関連記事

Comment





Comment