Update:

アルパカとは

アルパカ基礎知識

  • アルパカはどこにいるの?

・南米アンデス山脈の湿潤高原地帯、特にペルー南部(海抜およ3,000~5,000m)で主に毛を利用するために放牧されています。
・アルパカはインカ時代より人の生活を支える家畜として共に暮らしてきました。現在もその毛が優良な品質の繊維となるよう、限られた飼育者のもと厳しい管理の下で育てられています。

  • 毛の特徴とは?

・南米アンデスの過酷な自然環境から身を守る為、アルパカの毛は非常に細いのが特徴。それが驚きの柔らかさとしっとりとした滑らかさを生み出します。
・毛に空洞があり、そこに暖かい空気が溜まる為、ウールやカシミヤよりも保温性に優れています。
・表面にスケール(うろこ)が少ないため、摩擦に強く、毛玉になりにくいです。
コラム→アルパカを4年使ってみて

  • 素材としての魅力は?

・アルパカの毛は油分が含まれる為、防水性があり汚れがつきにくいと言われています。
・お手入れは手洗いが可能です。30度以下の水温で軽く押し洗いした後、平干しで日陰で乾かして頂くだけです。

丈夫で、お手入れもしやすいアルパカニットはデイリーにお使い頂けます。


Posted in 素材No Comments » 

関連記事

Comment





Comment