Update:

レインブーツの中でも、蒸れにくい靴下

雨の多い季節の足元の悩み、その原因から対策まで

夏は、梅雨や突然の雷雨など、雨が多い時期。
朝から雨だとわかっている日は、やっぱりレインブーツが楽チン。
泥はねしても簡単にお手入れができるし、
靴の中がビショビショになる心配はありません。

bsPP_ameninuretaajisainohana

 

でもちょっと気になるのが、
靴の中の蒸れ。

15daa2f175b896577673fa4ee7fbd319_s

冷たい足元から冷える体

レインブーツは水を通さない素材上、
どうしても靴の中は密閉状態になるので、
こもった熱が発散されません。

染み込んだ雨も、汗もなかなか乾かず、
冷たい靴下に長時間触れる足先は、段々冷えることに。

コットンは水分をよく吸ってくれる素材ですが、
陽に当たらないとなかなか乾きにくいですし、
ポリエステル素材は水分をあまり吸ってくれません。

そのまま冷房のかかったオフィスなどに入ると、
足先から体が冷える原因にも。

 

足の蒸れで一番気になるのは、におい

足元の蒸れで、さらに気になるのは、やはり足のにおい。
足のにおいの主な原因は、足に繁殖した雑菌。
靴や靴下の中が蒸れた時に、汗や皮脂や皮膚の垢などの汚れが雑菌と反応して
イヤな臭いを発生させているのだそうです。

 

冷え対策にも、におい対策にも、
蒸れないようにしておくことが重要なのですね。

 

DSC09858ms

通気性と発散性のある素材

アルパカ素材の靴下は、「夏に履くなんて暑いんじゃないの?」
と思われがちですが、

アウトドアグッズによく用いられるウールと同様、
通気性と発散性を持っているので、
暑がりの方でなければ、暑過ぎて蒸れるという感覚にはほとんどなりません。

特に足底パイル靴下のパイルは長いので、
それだけ肌に触れる面積が広く、吸水性がありますが、
コットンのようにビショっとはならないので驚きです。

DSC09856ms
お天気のいい日は、カバーソックスや、薄い靴下、
もしくは裸足でお出掛けしたい気分の初夏。
薄着でのお出掛けは気持ちいいものですが、

レインブーツを履く日や、
冷房がきいた部屋に長時間いる日には、
ぜひアルパカのパイル靴下、夏場でも試してみてください。
足が心地よく感じるはずです。

7a15a33359d8f43405b30089e0a13c0b_s


商品詳細はこちらから


関連記事