羽織って、巻いて、コーデにあわせて楽しめるショール

冷えやすい首元を守りながら巻き方次第でおしゃれが楽しめる「アルパカブークレ手編みの大判ショール ブランケット」。MAITEがおすすめする巻き方や使い方をご紹介します。

アルパカブークレ手編みの大判ショール

素材感素材:アルパカ89% ナイロン11%

アルパカのブークレ(ループ)糸で編まれた大判ショールです。ループ状になった糸は、空気をたくさん含むので、保温性に非常に優れています。さらに棒編みの手編みのため、量産自動編み機でのつくりよりも非常にふっくらと柔らかく、軽く仕上がっております。
※この商品は、「なぜそこに日本人」で現地の様子が紹介された、鏑木玲子さんとリマの女性達(MUJERES UNIDAS)によって手編みで作られました。
商品ページはこちら

おすすめする巻き方や使い方

①重ね感覚でかけるだけ
ストールの巻き方


②小顔効果あり、スヌード巻き
スヌード巻き


③【オフィス向け】片方だけおろして、顔まわりがスッキリ
ストールのシンプルな巻き方


④膝掛けにも♪
膝掛け


▶︎ほかのストールはこちら↓
https://maite.stores.jp/?category_id=5484dff13cd4820624001b33


Posted in コラムComments Closed 

関連記事