Update:

お腹が冷たい お腹を冷やさない 腹巻の正しい使い方

DSC03035s

キャミソールでもタンクトップでも、 重ね着で空気の層をつくるだけで、
体の暖かさは全然違います。

腹巻は素材によって、 肌に直接つけられそうなものと、
インナーの上から着た方がいいものとありますが、
肌に近くて、汗を吸っても乾きにくいので、
できるだけ下に一枚着ていた方が、お腹が冷えません。

DSC03109s

 

DSC03172s

>お腹の冷え対策に アルパカ腹巻

日本に観光やビジネスで来ている海外からの人達、特に寒いヨーロッパやカナダから来た人たちを見ていると、

帽子だったり、手袋だったり、
上着だったり、
セーターだったり、

レイヤーを意識した服装で、脱ぎ着をして、室内/室外、電車の中/外など、温度調節を 本当にこまめにしているのがよくわかります。

日本だと、外は芯から冷えるような寒さでも 電車の中は暖房で暑かったり、
建物の構造上 足元が冷えやすかったり、

温度変化が多い一方で、 脱ぎ着で調節するのが
ついついめんどうに 感じてしまうこともあります。

でも、自分の身は自分で守る! 精神で、
大事な自分の身体は、自分で守ってあげないと、誰も守ってはくれないですよね。
習慣化できれば、こっちのもんです!

DSC03125s

 

 

 

DSC03188sプレゼントにもおすすめなアルパカシルクの腹巻は、
女性だけでなく、昨年からは男性の利用者さんが増えています。
普段のコーディネートも着ぶくれせず着られて、裾から見えても腹巻っぽくないので安心。

就寝時も圧迫感なく気持ちよく眠れる、ゆったりめの作りです。

ぜひお試しください。

vt banner rs


Posted in 冷え性対策, お知らせ, コラムComments Closed 

関連記事