Update:

ペルー・アチャマル村から、髙橋さんのコーヒー

IMG_20141019_233411
シックな黒で気品のあるパッケージ。

ご縁あり、イベントでも何度かお世話になっているこのコーヒーは、
日本人の髙橋克彦さんが、ペルーの秘境の村で生産を管理しているコーヒーです。
12月29日放送の『なぜそこに日本人』に出演が決定!!

コーヒー豆を栽培しているのは、
ペルー北部のアマゾナス州、ロドリゲス デ メンドウサ市のウアヤバンバ渓谷にあるアチャマル村。

首都リマからでも、バスで約30時間、
日本からなんと50時間もかかるという秘境の地は、
ヨーロッパ諸国も注目している、ペルーの良質なコーヒーが栽培される地域です。

このコーヒーの特徴は、酸味が少なく、後味がスッキリしていること。
イベントで出させていただいた時のお客様の感想は、

「飲みやすい」

「コクがある」

「大地の香りのよう」

カフェオルキデア

海抜1700メートルの高地で、木陰栽培されており、
一粒一粒手で摘み取って収穫したオーガニックのコーヒーです。

なぜ髙橋さんは、わざわざペルーでコーヒーを?というと、
実は奥様がペルー出身。奥様の故郷でめぐりあったのが、
昔ながらの手法で栽培される、コーヒーだったそうです。

カフェオルキデア2

髙橋さんの、株式会社KMC(K-顔の M-みえる C-コーヒー)のコーヒー「カフェ オルキデア」。
試してみてはいかがでしょうか?


ペルーコーヒー髙橋さんとMaiteのコラボイベント開催決定!
ペルー料理レストランインティライミ(麻布十番)で、ペルーの食を楽しもう!
一時帰国中の髙橋さんと、本格ペルー料理レストランで、新年にイベントを行わせていただくことになりました!
詳細はこちら⇒レストランインティライミにて、ペルーコーヒー髙橋さん&Maiteのイベント開催


関連記事

Comment





Comment