Update:

kibidangoさんでクラウドファンディング開始しました!

本日6月16日から2か月にわたって、
初めてクラウドファンディングに挑戦します!

ロイヤルアルパカ素材の腹巻を作成中です。
今後サイズ展開や柄を増やしていくために、ご支援宜しくお願い致します!

クラウドファンディング
「ロイヤルアルパカ腹巻」で夏でも冷えるあなたのお腹を蒸らさずに優しく温めたい!

詳細はこちらです。
https://kibidango.com/517?ui_source=maite&ui_campaign=haramaki&ui_medium=web
top_7_hpbanner

操作方法がわからなかった場合は、こちらをご参照ください。

●ユーザー登録方法について
https://kawaraban.kibidango.com/?page_id=2071

●支援方法について
https://kawaraban.kibidango.com/?page_id=4271

 

2年前から試作を進めていた腹巻が、ようやく形になりそうです。
開発秘話もご紹介しております。
発売を先駆けて、数量限定の早割特典もありますので、ぜひチェックしてください。

 


マイテ代表吉田にとって、小学校、中学校時代は、
実は自分の中ではあまり思い出したくない頃でもあります。
「楽しい」より「苦痛」なことが多かった日々。
 
 
一つは、
背も小さく一重で、下半身ぽっちゃりの体型で、
外見コンプレックスが非常に強く、赤面症でもあったということ。
それでも人前で話さなければならないことが多く、
いやでいやで仕方なかった。
 
 
そしてもう一つは、
とにかく毎月生理痛が重くて、
ギリギリまで我慢して、授業中顔が真青になり、
保健室行き。
 
トイレや保健室で、吐いたり、鈍痛にもがき、冷や汗がダラダラ出て、
薬を飲んで眠りにおちるまでの苦痛が数時間続く。
 
不思議なことに、眠りにおちて1、2時間後にはケロっと復活するのですが、
それまでが本当に本当にツラくて、
 
何度も母親に、
「子ども産めなくなってもいいから子宮とって!」
「男の子に生まれたかった!」
などと言っていました。
 
 
幼い頃のホルモンバランスももちろん関係していたと思いますが、
 
普段周囲の視線を気にして、体が緊張でガチガチだったことや、
お腹や腿を触るといつもヒンヤリ冷たかったので、
内臓回りと下半身も冷えていたのだと思います。
 
実際、お腹にだけ毛布をグルグル巻いて、早く眠りに落ちるように、と
必死に目をつむって耐えていました。
 
 
最近でもまだ時々痛みはありますが、
そろそろだと思ったら、よく歩くようにして血行をよくしたり、
腹巻を使ったり、
無理せずのんびり過ごすようにすることで、大分緩和されています。
 
 
私の場合のカラダの悩みは、この生理痛でしたが、
マイテのお客様からは、
 
「お腹をこわしやすくて困っている、腹巻が手放せない」という声を多く聞きます。
 
カラダの不安を抱えたままだと、
仕事も勉強も、遊びも、
思いきって取り掛かれず、
 
我慢したり、
諦めたり、力が出し切れなかったり、
自分を大事に思えなかったり。
 
 
そんな状況にある人が
少しでも、もっと自由になれるといいな。
 
 
そんな思いで、腹巻を実現すべく、
取り組んでおります!
 
ご支援宜しくお願い致します。

19243702_1179077085569380_424657770_o

(お世話になるのは、kibidangoさん。)


Posted in お知らせ, コラムComments Closed 

関連記事