ニットの穴あきや染みの お直し方法

たくさん擦れたところや、虫にくわれてしまったところが、小さな穴が開いてしまったり、
食べこぼしやインクが落ちない染みになってしまったり、

ちょっとこのままだと外には着ていきにくいけど、捨てられない。

そんなニットやお洋服はありませんか?

手放す前に、もう一度、手をかけてあげてみてはいかがでしょうか?

マインドフルネスな時間にもなりますよ。

 

実は難しくない 繕い

何かを「つくる」ということが苦手だと感じている方、いませんか?

上手にできないから、という意識が先にきてしまって、いやいややっつけ仕事になってしまう前に。

この時間は、マインドフルネスの時間だと思って、
上手い下手は置いておいて、お直しするものと向き合って、手元に集中してみてください。

DSC04054s

 

どんな風にお直ししようかな?

こんな風にしてみるのもいいかな?

ちょっと曲がっちゃったけど、それはまぁご愛敬。

 

そんな風に手元に集中していると、新しい気づきがあったり、
終わってみるとスッキリしたり。

この感覚を味わうと、瞑想と同じような、マインドフルネス効果があるのではと思ってしまいます。

「ダーニング」というお直し

直したい布地を固定して、針に通した糸や毛糸を
タテ、ヨコ、と糸を渡していって、穴をふさぐ方法を、
「ダーニング」と呼びます。

イギリスではじまったと言われているこの方法は、
昔は貝殻など、曲線になっているものに布を固定して繕っていたものが、

キノコのような形の木製の道具「ダーニングマッシュルーム」に変化したと言われています。

 

DSC_5674s

 

道具を見るだけでなんだかほっこり。

 

目立たない同系色で直すのもいいですが、思い切って違う色や、ユニークな糸を使って、アクセントになるようにお直ししてしまうのもあり。

 

72207504_716265635466028_1456554286317043712_n

DSC_0695s

DSC04085s

 

日本の継ぎ接ぎも、あて布をしてそこにステッチをさしていく、刺し子が有名ですね。

あて布をした上からのダーニングと刺し子が、強度も強く、よりしっかりした補強になりそうです。
今週末、下記のイベントでダーニングをお試しいただけます。
ぜひチェックしてみてください。

日時 10月19日(土)14:00-17:00
場所 SHIBAURA HOUSE 2F
東京都港区芝浦3-15-4 (最寄り駅 田町 徒歩5分)

詳細・お申込みはこちらから

つくらふ2s

 


関連記事