Act for Australia オーストラリア森林火災支援 編み物でできること

※1月11日現在、動物の保護グッズの制作を一時ストップしてほしいというアナウンスが出ています。情報が更新され次第、こちらのページにも反映します。ファンドレイズ用の販売アイテムは引き続き募集しております。

 

被害がおさまらないオーストラリアの森林火災で、コアラやカンガルー、鳥など多くの動物も命が失われています。
ケガした動物たちを保護した際に必要になる保護袋や、ケガした箇所を覆うカバーを作ってほしいという声が現地で活動するボランティア団体から発せられ、全世界の編み物・縫い物ができる人たちの間でアクションが広がっています。

gardian

https://www.theguardian.com/australia-news/2020/jan/07/australia-wildfires-animals-shelters-knitting

 

Animal Rescue Craft Guild というボランティア団体の情報に基づき、わたしたちもできることで応援したいと思います。

必要なもの(信号カラーで優先度を示しています)2020年1月7日更新
82032332_2181929862102768_540642554710851584_n

素材、サイズ、作り方の指定などがあります。
マイテでは、より多くの人が支援に参加できるように、特にJoey Pouch のアウター布  XS,S,M サイズを作成・募集したいと思います。
(※Joey Pouch カンガルーの赤ちゃんの袋。他の小さな動物にも使われるのかもしれません。)

 

Joey Pouch カンガルーの赤ちゃん袋のアウター
仕上がりイメージ(Animal Rescue Craft Guildより)

joey pouch

※今回内布(インナー袋)は、募集しませんが、作られる方は素材が天然素材100%またはフランネル生地という指定があります。サイズはアウターより5~10cm長く作ってください。縫い方にも指定があります。(詳しくは、Animal Rescue Craft GuildsのFacebookページで確認するか、英語が苦手な方は、マイテまでお問合わせください。)


仕上がり寸法

XS-12cm x 12cm
S – 16cm x 16cm
M – 24cm x 24cm
素材
自立するくらいしっかり立たせられるようになるのが理想。引っ掛かりやすいファンシー糸は使わないでください。
ファンシー糸や装飾糸が入ったものは使わないでください。

作り方
寸法巾に合うように作り目をつくり、長方形に編んでください。
倍の長さ(XS-24cm/S-32cm/M-48cm) まで編んで長方形ができたら、二つに折り、両端を閉じます。
棒編みで編む場合は、ガーター編み、かぎ針で編む場合は、細編みが推奨されています。
透かし編みや緩い編みではなく、タイトになるような編み方で作成してください。
輪針りで編んでも構いません。

 

無題

※1月11日現在、動物の保護グッズの制作を一時ストップしてほしいというアナウンスが出ています。情報が更新され次第、こちらのページにも反映します。

また、上記の他にも、
オーストラリアをイメージしたり、動物をイメージして作成したマグスリーブの寄付を募集します。
こちらは、SHIBAURA HOUSE内、カフェCoffee Wrightsにて販売させていただき、売上を寄付させていただきたいと思います。

お作りいただいたカンガルー袋、及びスリーブは、
1月30日までの間に、下記までお送りいただくか、ご持参をお願い致します。
ニットカフェで一緒に作成したい方は、ぜひ1月23日か30日にご参加ください!


送り先(送料はご負担いただきますようお願い致します)

108-0023 東京都港区芝浦3-15-4
株式会社 蒔いて


ご持参の場合

SHIBAURA HOUSE 1F カフェCoffee Wrightsへお願いします。

ニットカフェ  「ヘルプ オーストラリア- No worries mate」
1月23日/30日(木)14:00-17:00
初心者の方でもご参加いただけます。
毛糸と編み棒をお持ちの方はご持参ください。
手ぶらでご参加いただく場合は、参加費500円頂戴いたします。

問い合わせ:info@maite-jp.com までメールでお願い致します。


Posted in お知らせ, コラムComments Closed 

関連記事