Update:

Reiko from Peru#1 The workshop

DSC02686s

It’s getting cold. The air is colder on the flank of the rock mountain. We are busy. We have sold $1,000 dollars twice since the change of the year. We still have two big orders, one from Japan, and another from Korea. It’s not easy to start from the beginning. The señoras are working hard, though. They work happily all the time. There are three new members in our workshop and they are doing fine. The girl of 14 years old has started knitting normal size items.

Yolanda’s back pain comes and goes back. Rosa’s baby is reminding her existence by crying every thirty minutes. Josefina is still unwell with morning sickness, but I’m glad that she has come back to work again.

I forgot to write about Marindela. She had been suffering from a toothache, but now the infection seems to be tormenting her. I was visiting her on Monday and I saw her on the way as she was going to a dentist. She looked very sick. I’m sure that she hadn’t eaten since last Friday when she was complaining the toothache. I hope she has a proper treatment. Medical insurance for poor people doesn’t cover very much.

Reiko

ここリマは寒くなってきました。この岩山の側面では空気は一層冷たいです。私たちは年末と年始に、1000ドルずつの売上があったので、今はとても忙しく働いています。

(補足:12月~3月までバザー用に作り溜めていた商品を、全て韓国からのお客様が買い取られたため、在庫がない状態です。)

今年はこれから、日本と韓国からの大きなオーダーがくる予定です。セニョーラ(女性)達は一生懸命編んでいますが、まだまだ多くの仕事があります。でも彼女たちはいつも、とても楽しそうに編み物をします。最近メンバーが3人増えました。みんなよくやっています。14歳のジャスミンも、やっと通常のサイズが編めるようになってきました。

リーダーのヨランダの腰の痛みは、和らいだと思えばまた痛みだし、再発を繰り返しています。ローサの赤ちゃんは、30分おきに鳴き声をあげます。まるで自分の存在をしらしめているかのように。ジョセフィーナはつわりがおさまりませんが、作業場に戻ってきてくれて嬉しいです。

大変なのがマリンデラです。歯を痛めていたのが悪化しています。月曜日に彼女を訪ねると、歯医者に向かうところでした。病人のようです。きっと先週の金曜日から、痛みがひどくて何も食べていないのでしょう。ちゃんと治療してもらえることを祈るばかりです。貧しい人の健康保険では、ほとんど賄われないのです。

玲子


関連記事

Comment





Comment