Update:

Reiko from Peru#3 母の日のイベント

IMG_9018s
It has been a custom to celebrate Mother’s Day with a lunch inviting some guests. It was the first anniversary of accomplishing and entering in the new workshop. It is ours. I made a fund for building it mostly with the donations from Korean groups and individuals. It’s a long and complicated story to write this and no one will understand why it was so difficult. It also coincides with the foundation of the MujeresUnidas. It was a tiny group of a few women who have been making candles or clay figures and flowers.

This year’s menu was pachamanca. In traditional pachamanca are put several kinds of meat, potatoes and sweet potatoes as well as corns in an oven made in the ground. In Lima it is impossible and they use a large pot instead. We had lamb and pork, or lamb and chicken meat, and other ingredients as well as a lot of green spices.

We used to invite several people who have been supporting our work from the Socios En Salud, but this year we invited only Dr. Leo, Director General of SES and Oscar Ramirez. Dr. Leo couldn’t come, so it was only Oscar that came to it. It was good that he came, as he is the person who has been helping us.

Besides pachamanca there was an important thing, curry in Japanese style. Some members learned how to make it from internet, a real way, not with roux. It was delicious. They did it for me to show their gratitude for me for working for them. As dessert they had prepared a whole ring of custard pudding, Spanish style. They remember that my favorite sweet is that pudding. After that a beautiful clock and a big bouquet were presented to me. It was an emotional moment. They regarded me as their communal mother. These days there were many occasions to cry, so that that day I told to myself “don’t cry, don’t cry”.

We have celebrated Mother’s Day with a lunch. This year it was celebrated again with happiness to share it among all the members of MujeresUnidas.

Reiko

母の日(5月の第二日曜日)に、ゲストを招いてお祝いランチをするのが、私たちの習慣になっています。

今年は、新しい作業場に移ってから初めて迎える記念の日でした。この新しい作業場は、「私たちの」作業場です。

(以前までは借りていた場所で賃料がかかり、スペースも狭く、様々な不便があったのです。)

韓国の団体や、個人の方たちからの寄付金のおかげで、新しい作業場の建設費用が貯まりました。

作業場ができるまで本当に膨大な時間がかかりましたが、その説明をすると長く、複雑なものになり、

状況を理解してもらえるよう説明するのが難しいので、ここには書きません。

ムへレスウニダスの設立当初と正に一致するようです。

最初は、女性数名でキャンドルや、土で人形や花やらを作る、小さいグループだったのです。

今年のランチのメニューは、パチャマンカでした。

伝統的なパチャマンカは、数種類のお肉、じゃがいも、さつまいも、コーンを入れて、

土でつくった窯で料理します。

Pachamanca

(写真はWikipediaから)

リマではさすがにそれはできないので、大きなお鍋で料理しました。

ラムと豚だったか、ラムと鶏だったか、

それに他の材料とたくさんの緑色のスパイスを入れました。

NGOのSocios En Salud(ソシオス エン サルー)から、私たちの活動を支援してくれている人たちをいつも数人招きますが、

今年はDr. Leo (ソシオス エン サルーの局長)と、Oscarだけを招待しました。

でもDr. Leoは結局来れず、Oscarだけが足を運んでくれました。

彼はいつも助けが必要な時に手を差し伸べてくれる人なので、来てもらえてよかったです。

そして今回のパチャマンカは特別なものでした。それは日本のカレー風だったのです。

ムへレスウニダスのメンバーの誰かが、インターネットで作り方を調べたのです。

(家にインターネット環境はありません。時間制限つきで使えるインターネットカフェのようなところに行けば使えます。)

しかもルーを使うのではなく、本当の作り方です。とってもおいしかったです。

デザートには、スペインスタイルの、丸いリング型のカスタードプリンを作ってくれました。

私の一番好きなデザートがそのカスタードプリンだと、彼女たちは覚えていたのです。

そしてきれいな時計と、大きな花束をプレゼントしてくれました。感情的になる瞬間でした。

彼女たちは私をこのグループメンバー達の母と見なしてくれています。

最近私はよく泣いてしまうので、心の中で「泣くな もう泣くな」と自分に言い聞かせていました。

このように、母の日はお祝いのランチをするのです。

今年もこうしてムへレスウニダスのメンバー全員とお祝いし、幸せを共有できました。

玲子


関連記事

Comment





Comment