Update:

Reiko from Peru#4 Mujeres Unidas

tumblr_inline_mozrixTgvJ1qz4rgp
(写真は、次のシーズンのアルパカシルク(80/20)のショール。)

Thank you for your message. I’m little surprised that there were so many orders! Yesterday I showed the Pikka internet shops to the señoras. They were very happy. They will be happier when I say that you had so many orders after the TV broadcast.

After the order from Japan, Pikka, is finished, we have to prepare another big order which came through Korean government. When the wife of Speaker of the Korean Congress came to our workshop, she bought about $1,000 of products. Maybe we can understand that those products were accepted well and evaluated all right. From the secretary of Ms. Lee, I was told that they want to prepare gifts to those who attend the event which will be held in September. They want 200 – 300 products, scarves, snoodos and armwarmers. But we were told at KOICA that we need to knit the same amount of products, butarmwarmers were not included. This time we were told that they will make a bazaar in September. We were told that we have to decide whether we will knit them or not; if we say “yes” and cannot complete it, it will be the shame of Reiko Kaburaki, or Reiko K. Lee. Our future will be at stake also. The president of our workshop Yolanda said clearly “yes” without hesitation. I was happy to hear that.

DSC02602s

Now the order from Pikka is almost finished and most of the women of MujeresUnidas are knitting for Korea. We don’t have a lot of time to make 200 – 300 items by the beginning of August, but we have to make them. Most of us have been working very hard for Pikkaand it is not the end. I asked the MU members whether there are more women who want to work with us even till the end of this project. Five women came to help us. They will receive some money per product.Tentatively it is said to be 15soles. I don’t think it is enough, but we have to see how they knit. I hope one or two of them stay in our workshop when Korean project is over.

Reiko

いい知らせをありがとう。そんなにたくさん注文が入ったなんて驚いています!昨日、リニューアルしたピッカのオンラインストアをムへレスウニダスのメンバー達に見せました。彼女たちはとても喜んでいました。テレビ放送のあった後、たくさんの注文があったのだと話したら、更に喜ぶことでしょう。

ピッカからのオーダー分がほとんど仕上がってきて、次は韓国政府を通じたもう一つのビッグオーダーに取り掛からなければなりません。

韓国の国会議事長の奥さんが私たちの作業場に来た時(3月)、彼女は1000USドル分の商品を買いました。

それらの製品は、受け入れられるという評価をされたのだと私たちは理解しています。

彼女の秘書から、9月に開かれるイベントへの参加者のためのギフトを用意したいと言われました。マフラー、スヌード、アームウォーマーなど

合計200~300個欲しいと言うのです。しかし、アームウォーマーは必要ないとKOICA(韓国のJICA)では言われました。

9月のイベントというのはバザーだそうです。
そして私たちは決断を迫られました。やるのかやらないのか。
「やる」と言ってもし期限までに仕上がらなければ、それは私の恥になるでしょう。私たちの将来が危うくなります。
でもムへレスウニダスのリーダー、ヨランダは、ためらうことなく「やる」と答えました。
私はそれを聞いて嬉しかったです。

ですから今は、ほとんどのメンバーが、韓国向けの商品を作っています。期限である8月の頭までに200~300の商品をつくる時間は、十分ありません。

でも私たちはやらなければなりません。私たちのほとんどがピッカのための商品作りに一生懸命取り組んでいましたが、まだ終わりではないのです。

ムへレスウニダスのメンバーに、短期間だけでも一緒に仕事がしたいという人が他にいないかと聞きました。そして5人の女性が新たに加わりました。

この新しい女性たちは、作った商品毎にお給料を受け取れるようにしました。今は仮に、15ソルとしています。十分な金額だとは思いませんが、まずはどれだけ編める人たちなのかみなければなりません。

そしてこのうちの1人か2人は、韓国のオーダーが終わった後も、ここに残ってくれればと思います。

玲子


関連記事

Comment





Comment