Reiko from Peru #16 「14周年記念」ペルー在住鏑木玲子さんのエッセイ

down workshop

May 12, 14th anniversary of the foundation of Mujeres Unidas

The workshop of Mujeres Unidas was founded fourteen years ago. At that time, that was a small group of women who got together and they were making coloured candles or small ornaments with clay. When I went to see them in 2002, there were only four members. I wanted them to learn something which will bring some financial support to those women. We have thirteen members at present. There are movements all the time. One of them will leave on Tuesday as her husband wants to go to his homeland to work in the townhall.

5月12日 ムヘレス・ウニダス設立14周年記念

ムヘレス・ウニダスの作業場は14年前に設立されました。そのときはまだまだ小さなグループで、女性たちはカラフルなキャンドルや粘土でできた小さなオーナメントなどを作っていました。私が2002年に彼女たちに会いに行ったとき、メンバーはたったの4人でした。私は金銭的にもっと豊かになれるような技術を学んでもらいたいと思いました。現在は13人が働いています。でもメンバーの移り変わりはとても激しく、1人は夫が故郷に戻って市庁舎で働きたいというため、火曜日にはここを離れます。

We always celebrate the day of the foundation on the day of Mother’s Day lunch, this year on the 8th of May. This year the menu of the lunch was pachamanca, one of the Peruvian typical dishes. This is cooked in a hole made in the ground. All the ingredients are put on top of heated stones and covered. These days especially in the city, it is difficult or impossible to make a hole in the ground, so many people cook it in a big pot. They put meat of cow, pork, lamb and guinea pigs, potatoes, sweet potatoes, beans, corns, and everything. This year only lamb meat was put with other non-meat ingredients. It becomes a big dish even if only one kind of all is served. It was good.

私たちは毎年母の日に一緒に昼食をとって、設立記念日をお祝いしています。今年は5月8日でした。今年のメニューはパチャマンカというペルーの代表的な料理です。これは地面に掘った穴の中でつくられる料理で、すべての材料が焼けた石の上に載せられ覆いをしてつくられます。もう最近都市では地面に穴を掘ることはできないので、多くの人は深い鍋で調理します。牛や豚、ラム肉、モルモットの肉にジャガイモやさつまいも、豆やトウモロコシなどを入れるのです。今年はラム肉だけをほかの野菜と一緒に調理しました。食べごたえがあって、とてもおいしかったです。

After the luncheon, there was an election of the president of our workshop. The leaders are chosen every two years. This time, it was only president had to be elected as other members of the leaders’ group have been chosen just some time ago, as the former ones had to leave Carabayllo. Three members were nominated, and finally Yolanda Solis was elected. I’m glad for this choice, as she had been president for two years and her efforts brought better results both quantity and quality-wise.

Yollanda

Yollanda

食事の後に、作業場のリーダーを決める選挙がありました。リーダーを初めとする役職につくメンバーは、2年に1度決め直します。この日はリーダーの選抜のみでした。というのも、あるポジションについていたメンバーが、カラバイヨを出て行ってしまったため、そのポジションの後継者はもうすでに決めていました。リーダーの候補には3人が挙がり、最終的にヨランダ・ソリスが選ばれました。彼女はこの2年間作業場をまとめた前リーダーで、彼女の努力によって量・質ともに良い結果が出ていたので、私もこの選出をうれしく思いました。

This kind of choice is difficult as most members don’t know what kind of people are needed to lead the group. Good friends, those who have been in the group for a long time, other ones whose voice is loud, who are not too strong and lenient to them are liked by some members especially by those who have been in our group for a long time. It is a problem that there are some small groups among the big group and some people try to manipulate others. It may be the same in any kind of group.
I hope our work goes well with the efforts of all of the members of Mujeres Unidas.

Reiko

どんな人をリーダーに据えればよいのかの判断は難しく、こうした投票制での選抜は難しいものです。良い友人でグループに長くいる人や、声が大きい人、メンバーに対してあまり厳しくなく寛大なタイプの人が昔からいるメンバーには支持されやすかったりもします。一つのグループの中でグループに分かれてしまったり、一部の人が他の人たちの意見を操作しようとするのも問題です。これはどんなグループでも言えることだと思いますが。

私はムヘレスウニダス全員の努力によって、今後もこの仕事がうまくいくことを願っています。

玲子

※エッセイの文章は、英語:鏑木さんから送られてくる原文、日本語:Maiteスタッフ&学生ボランティアが訳したものです。


関連記事

Comment





Comment